新技術・新工法情報

カタログ情報
【新技術の分類】 トンネル 最終更新日:2016-08-15
SFT工法
【技術の概要、特徴】
道路や鉄道の下に、非開削で地下構造物(ボックスカルバート等)を設置する施工法です。
閉合配置した箱形ルーフ群とボックスカルバート(函体)を置換設置する施工法です。
函体の押し込み時、切羽掘削を行わず施工します。そのため、切羽崩壊の無い、安全性の高い施工法です。
土被りを浅く施工できます。
箱形ルーフは回収して再使用します。

【技術の仕様】
箱形ルーフと薄鋼板(FCプレート)を重ねて設置します。FCプレートは函体の外周側に配置します。
箱形ルーフと函体を一体化して、函体を押し込みます。
函体の押し込みは、固定したFCプレートの内面側を進むので、地山との接触が無く、周辺地盤への影響が少ないです。
箱形ルーフ内面側の土砂は、箱形ルーフと共に到達側へ押し出され、到達側の明かり部で、撤去と排土を行います。
函体押し込み、箱形ルーフ押し出し状況 鉄道下施工例 推進方式 概要図
函体押し込み、箱形ルーフ押し出し状況
【販売開始年】
2006年
【単価情報】
別途見積
【開発方法】
植村技研工業株式会社、株式会社奥村組、極東鋼弦コンクリート振興株式会社との共同開発
【特許情報】
特許第3887383号他
【新技術などの登録状況】
NETIS KT-050068-A
【新技術などの現場適用条件】
【新技術などの採用実績】
24件
【商品URL】 http://underpass.info/sft.html
カタログの問い合わせ先情報
会社名:アンダーパス技術協会
〒 185-0032 住所:東京都国分寺市日吉町二丁目30番7
担当部署・担当者:事務局・丸田、中村
問い合わせメール:info@underpass.info
TEL:042-574-1180
FAX:042-572-5456