新技術・新工法情報

カタログ情報
【新技術の分類】 トンネル 最終更新日:2016-08-15
フロンテジャッキング工法
【技術の概要、特徴】
道路や鉄道の下に、非開削で地下構造物(ボックスカルバート等)を設置する施工法です。
1960年代からの施工法であり、採用実績も多く、非開削施工のパイオニア的存在です。
立体交差事業や管路の敷設など、インフラ整備事業に貢献します。

【技術の仕様】
横断箇所の両側に、それぞれ設置したボックスカルバート(函体)をPC鋼より線で連結し、専用のフロンテジャッキと定着装置を使用して、相互の函体を所定位置までけん引する施工法です。
函体のけん引方式には、片引きけん引方式と相互けん引方式があり、また施工延長の長い場合には、函体を分割してけん引する方式があります。
一般的に、パイプルーフによる防護工を併用します。
関越自動車道下施工例 東北自動車道下施工例 相互けん引方式 概要図
関越自動車道下施工例
【販売開始年】
1967年
【単価情報】
別途見積
【開発方法】
単独開発
【特許情報】
【新技術などの登録状況】
【新技術などの現場適用条件】
【新技術などの採用実績】
876件
【商品URL】 http://underpass.info/fj.html
カタログの問い合わせ先情報
会社名:アンダーパス技術協会
〒 185-0032 住所:東京都国分寺市日吉町二丁目30番7
担当部署・担当者:事務局・丸田、中村
問い合わせメール:info@underpass.info
TEL:042-574-1180
FAX:042-572-5456